日本最北端の離島 礼文島へようこそ!島を歩く

6つのフットパスが島を縦断する礼文島。
ヒグマやヘビが生息しないので、安心して散策を楽しめます。

礼文島の魅力を満喫する6つのコース

岬めぐりコース

岬めぐりコース

「絶景の岬をめぐりレブンアツモリソウを愛でる豪華コース」
礼文島の最北端スコトン岬からゴロタ岬、澄海岬を抜け浜中へと続く全長約13km、所要時間約5時間のコース。 澄海岬では、礼文で最も美しい透明度の高い海が堪能でき、その後、レブンアツモリソウ群生地へ。レブンアツモリソウは島だけの固有種で、5月下旬から6月中旬まで見られます。 江戸屋山道の花の群落も見応えがあります。

8時間コース

8時間コース

浜中から西上泊地域を経て西海岸のアマナ・宇遠内を抜け、香深井へと続く全長約17㎞、所要時間約8時間の島内最長のコース。
コースは花ばかりではなく、雄大な景色や踏破した感動が味わえますが、召国分岐点から宇遠内までは集落がありませんので、十分な準備が必要です。

桃岩展望台コース

桃岩展望台コース

「高山植物が咲き誇る礼文島を代表するトレッキングコース」
桃岩登山口から知床へと続く5.3km、所要時間約2時間の桃岩展望台コースは高山植物の宝庫。景勝ポイントも数多く、島に咲くほとんどの花と利尻富士を眺めることが出来るオススメのコースです。強風や濃い霧が立ち込めるので、十分注意して下さい。

礼文岳コース

礼文岳コース

「標高490mの礼文岳山頂からの絶景に感動するコース」
礼文島の内路地区から礼文岳の山頂を目指す片道約4.5km、所要時間約2時間のコース。
途中高山植物を楽しみながら、山頂では360度パノラマの絶景が見られます。山頂付近は天候の変化や滑りやすい箇所がありますので注意が必要です。

礼文林道コース

礼文林道コース

元地側入口から香深井入口までの全長約8㎞、所要時間約3時間のコース。
コース途中には6月から8月にかけてレブンウスユキソウの群生が見られ、この他にも季節ごとに咲く花々はため息が出るほどの美しさです。

礼文滝コース

礼文滝コース

礼文林道コースの途中。礼文滝入口からの全長(往復)約4㎞、所要時間(往復)約3時間のコース。
森を抜けた丘から眺める緩やかな山並みを「イングランド」や「ニュージーランド」の景色と称する利用者も多く、島随一の滝は夏の涼しさを演出します。

ここからフッターメニュー